防災を意識したマンションライフ

阪神淡路大震災、東日本大震災、その他多くの災害をを経験した日本。

人々の防災に対する意識はより高くなっています。


地域の自治会などでも防災倉庫の設置、備蓄食料や燃料の購入等が行われています。

しかし、居住スタイルにより必要なものも多少違いがあります。


例えば集合住宅と戸建では、水道や電気等の供給設備に違いがある事を念頭に、防災に対する準備が必要です。

マンションなどの集合住宅では、停電によって水道の水が出なくなる事があります。

また、停電の際や高層マンションでは、設置されているエレベーターが動かなくなります。
最近のマンションでは自家発電設備、防災倉庫等を備えたものもありますが、そう言った設備がない集合住宅に住む場合、日頃からの防災に対する意識がより大事になります。

マンション住まいの良さの一つに、煩わしい近所付き合いがない事があげられます。

しかし、先に述べたような災害に出会う事を想定し、互助のシステムや意識を持つ事が必要です。
災害により住まいが損壊した場合にも、居住者同士での話し合いが必要になります。
規模により管理組合や自治会の必要性も違ってきますが、自主防災の活動や、水・食料などの備蓄をしておく事によって、災害の後を落ち着いて過ごす事ができます。

また、市や地区等で、一人暮らし高齢者へ緊急通報装置を配布しているところもあります。


互助のシステムが作れない住まいでも、こういった事で災害に対する準備ができます。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/08/0828.html
http://gigazine.net/news/20130729-headline/
http://www.hatomark-chiba.jp/

有望な静岡の一戸建てについての情報はこちらです。

横浜の家具情報選びをお手伝いするサイトです。



足立区のペット火葬情報サイトについて考えます。

板橋区の一戸建て情報サイトを利用しましょう。